考えすぎるゲーム日記

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

ブログ書く人書かない人

自分のブログへの内容やコメントや閲覧数を確認するよりも、みなさんのブログを読んでいるほうが楽しいし、ためになるわけで。

 

それで最近はいろいろな方の「ブログの考え方」についてのエントリが見れるわけで。

 

やっぱり他人の目に晒されるスペースに文章を落とすとなると、それに対してのリアクションや閲覧数が気になってくるのもあたりまえで、ブログってそういうもんなのかと思った(すみませんアホみたいな当たり前なこと書いて)

 

リアクションを望んでないなら、それこそ秘密の日記帳に書けばいいわけだし、本人の主張、意思があって、それを発信したいと強く思う人たちがブログを書いているわけなんですね。

 

でも他人の気を惹いたり、個人の意見をまとめた長文を読んでもらうこと自体けっこう難しいことであると思う。そこには楽しませる技術や、内容自体のインパクトが必要なわけで。

 

はてブ始めて2週間くらい経つけど、自分のブログ云々ではなく、みなさまのブログを見回って、

 

ブログを書く人ってみんな考えすぎてる人で、頭からだだ漏れてしまう思考、主張、考えを、ブログという受け皿に溜めている人々の集まり

 

なんだなあと、自分の中で結論付けることができました。

つまりは、考えすぎて困っているのは自分だけじゃないんですね!

この事実だけで気が楽になります。

 

実生活に満たされない部分があって、それを補うためにブログをやっているなんて悲しいことはないんだな。