読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えすぎるな 気楽に行こう

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

いろんなことに「気づける」自分でいたいという話

なんか、とても、もやもやしています。そのもやもやをつらつら書く。

また職場のグチになってしまいそうだけど。

 

会社にバカップルがいるんですよ~

うちの会社は社員の平均年齢が高くて、20代は自分含めても2人だけ。

30代後半から40代が中心の会社です。

自分が入社して1年半くらいたった。

 

社員全員が諸先輩方になるわけで、自分としては末端社員として身を粉にして働いているつもりなんだけど、上司を含め先輩たちのコミュニケーション能力のなさにうんざりしている

 

業績もそんなに良くはないし、まったり薄給企業なので、社員の採用は滅多に無いらしい。自分が入社したタイミングでも3年ぶりだったかな。

そのせいもあって、内輪感がはんぱない。仲良しグループ、敵対し合っている人たち、陰口、噂、そういう中学校1年生の教室空気感がとてつもなく蔓延している。いい年こいて。

 

とくに同じ分野を担当している先輩2人(男女1人づつ。会社ではバカップルと陰口言われている。ほんとうに付き合っては無い)ね。

この2人がとにかく仲が良い。長年2人で仕事回してきたってこともあるし、性格が合っているんだろうと思うけど、もうこの2人の関係を止められる人は誰もいないだろう。いつもくっついて行動している。

そこに自分が配属されたんだけど、仕事的にはフツーに教えてくれるし人柄は温厚な感じだし、それはいいんだけど内輪で盛り上がっている話にとにかく入れない。

仕事の話からプライベートの話、とてもくだらない話へ縦横無尽に入れ替わり、話しに入ることがなかなかできない。

遅刻、早退、欠席の連絡をラインでやりあっているので、こちらとしては出勤状況も把握できない。そんでとにかく休む。

 

うーんなにを言いたいのかわからないな…。

とにかく、先にいた2人のなかで世界ができていて、その中で仕事も進んでいるんですよ。仕事の段取りも2人の中のもので、楽してやっているから後ろめたいらしく積極的に教えてこない。

こっちはいろいろ察して仕事を覚えていく感じ。まあやっていることがたいした事ないから、自分で考えて進められる範囲なんだけどね。

 

最近はちびちび話せるようになったし、飲みにも行ったりしているからそれぞれとはコミュニケーションとれつつもあるんだけど、周りから見れば孤立しているように見えるわけで。

 

2人の関係の中に割り込めない自分も悪いと思う。自分も人見知りだし、コミュニケーション能力もそれほどないから。

なによりいい年こいて、こんな状況に悩んでるのが非常に情けない。まあ仕事に関しては楽しく取り組めているので、転職したいとかそういうレベルの話ではありませぬ。

 

しかしだ、

3人グループがいる

2人だけでべたべた仲良くする

残り1人が孤立感を抱く

という、この一連の流れを想像できないもんだろうか。アラフォーで。

 

自分がただのかまってちゃんなのかな。

入社したてのころは、それこそ自分が「招かれざる客」なんだと思って、すぐ転職を考えたけど、仕事で褒められるようになって、邪魔な存在ではないんだなと知れた。

 

相手の身になって物事を考えられない=想像力の欠如

なんか、ほんとに愚痴書いただけだな。

なにがいいたいのかというと、人間に生まれてきた限り、どんな関係性、集合体においても、他の人の立場でものを考えるってことは続けなくちゃいけないんだと強く思っている。

 

「相手を傷つけなければいい」「凹ませなければいい」じゃないんです。

自分よりも年下だったり、その環境に不慣れな人へは積極的にコミュニケーションをとらなければならないのです。

年上の人、上司にだってそう。相手の期待していることを想像すれば、仕事の方向性だっておのずと見えてくる。

 

仕事も人間関係も、想像力から生まれるコミュニケーションでうまくまわるのです。

 

 

書いてて、「あたりまえのこと書いてるな~」と思いました。

そうなんですけど、いい年こいて、コミュニケーションに難がある人多すぎ。

「こいつ今までなに考えて生きてきたんだよ…」ってくらいに配慮のない人が多すぎ。

 

10代、20代前半とかなら、「これから痛い目あって徐々に気づいていくだろう」とも思えるんですが、

30~40代でひどい人見ると、「このまま大事なことになにも気づかないまま生きていくんだな」と思ってしまいます。

 

別に世代間の論争ではないのですが、自分の周りには「想像力の欠如した大人」が多くいるような気がして、このような文章を書いてしまいました。

 

…。

 

もしかして…

 

自分が一番、想像力が無いのか…!?

だから縁にも恵まれないのか…!?

同じ穴のムジナというのか…!?

 

こんな自問自答を繰り返す毎日です (つづく)