考えすぎるゲーム日記

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

THE MANZAI2013感想 ツッコミとは

今日は特に寒い。都内は雪降るとかいってたのに雨ですね。

  • THE MANZAI2013 ファイナルまで見る
  • コミュニケーションとしてのつっこみについて

THE MANZAI2013 ファイナルまで見る

みました。ウーマンラッシュアワー優勝まで見ました。

納得の優勝ですね~。1回目のネタ構成でも十分優勝かなと思っていたところを、2回目はコンビ間の格差を盛り込んで発展させてきました。

ノンスタは1本目に比べると少し失速感がありましたな。

千鳥はおなじみのネタをブラッシュアップしてきた。さらに面白くはなってたけど、見慣れた感が否めなかった。

 

ウーマンの2本目はBPM200でテンポとかもう最速って感じ。でもネタ構成は1本目のを継承して、同じやりとりを2、3やって、その後さらに発展させていった。

ファイナル進むことを見据えたネタ選び、磐石の体制だったんですね。

 

一時あった賞レースバブルも落ち着いて、優勝したからといって売れるわけでもないのですが、ウーマンラッシュアワーはこの波に乗ることができるのだろうかね。

 

そしてアルコ&ピースオールナイトニッポン0は流れ星に変わりそうだなと。。。

 

コミュニケーションとしてのつっこみについて

日常的なコミュニケーションにおいて、ボケ、ツッコミって必要な要素だと思う。もちろんお笑い芸人ではないんだから、ウザく感じない程度にね。

自分はけっこうガンガンつっこんでしまう。周りに天然が多いというのもあるし、年上のおっさんのダジャレなんかつっこむと嬉しそうな顔をする。

面白いボケに対してきれいにつっこむことで、その場は盛り上がるし、意思の疎通が成功しているとも言える。

 

ただ気をつけなくちゃいけないのは、つっこみすぎて相手を傷つけることだよね。

悪口はよくないし、人格自体を否定するのはよくない。ボケた人の立場を考えるとすべるわけにもいかない。心の距離感やその場の雰囲気を考えて、絶妙なバランス感覚が必要となってくるんだ。

 

なぜこんなことを書いているのかというと、一緒にモンハンやってる後輩ちゃんがたまにつっこんでくるとき、ちょっとキツいな…!と感じているからです。

でも年上としては、うまくかわしていく余裕をみせたいよね~。

 

あ~あ、見栄と虚栄。