考えすぎるゲーム日記

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

注目の女芸人さん ~日本エレキテル連合&横澤夏子~

年末年始特番の録画消化も終わりつつあります。

 

趣味はなんですかという質問に対し「テレビ鑑賞です」と真顔で答えて相手を絶句させることに定評のある私です…。

年末年始のネタ番組を踏まえて、個人的に選んだ「今年ブレイクしそうな芸人さん」を2組紹介したいと思います。

どちらも女芸人さんになりました。

 

日本エレキテル連合(タイタン所属)

爆笑問題でおなじみタイタン所属の女性コンビです。

日本エレキテル連合 - Wikipedia

 

2013年のお正月は、「浪速の男と女」ネタでそこそこ露出もあったかと思います。

最近は「未亡人の朱美ちゃん」を押しているようです。ダメよ~ダメダメ。

 

一つひとつのネタの破壊力がすさまじいです。

女性芸人さん特有の自虐があるわけでもなく、女性の目線から作り出される細かすぎるものまねをすわけでもなく(柳原加奈子みたいな)、とにかくメイク・小道具・設定にこだわっているようです。

メイク多様なので見た目のインパクトに目が行きがちですが、それに勝る演技力が見てる側を引き込ませます。

 

去年の秋くらいかな。NHKホールでオンバト+の公開収録に行った際(無料!おすすめ!)

生で「未亡人朱美ちゃん」を見たんです!(奇跡!)

当時はネタとして場数を踏んでいなかったのか、残念ながらオフエア

オチである、壊れかけのダメよ~ダメダメ!!!もありませんで。

しかしながら、生で見る朱美ちゃんの破壊力たるや!途中までロボットであることを気付かせない(というかそんなこと想像できない)設定が後半の盛り上がりにも繋がりました。

 

相手役、小平市の細貝さんも「やばいおっさん感」がいい感じに出ていて、哀愁さえ感じられるネタになっています。

 

「浪速の男と女」でもそうなんだけど、ある種の人間の特徴をありえないくらいデフォルメさせて、ネタにまとめるのがうまいと思う。

「こんな人いそう~」とも言えないけど「いるかもしれないな…」と思えるそんな絶妙なラインをついてきます。

 

タイタンライブにはコンスタントに出ているようなので、ライブで見れたらいいなあ。

 

 

横澤夏子よしもとクリエイティブエージェンシー所属)

よしもと所属の女ピン芸人さんです。

横澤夏子 - Wikipedia

 

年末放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー「細かすぎるものまね選手権」で準優勝!

「ひどい恋愛をしてきた女」「情緒不安定なキャバ嬢」「やさしいトラック運転手の女」など、破壊力あるタイトルから、見ている側を引き込む演技力で大爆笑をとっていました。

ある種の女性をデフォルメして表現しているんだけど、少しアク強く演じている感じ。

 

豊か過ぎる表情、大きすぎる顔と共に放たれる一言が洗練されていてピン刺しで大爆笑につながります。

よく人間観察が趣味とか言っちゃう人がいますが(自分もそうですが)、人間観察突き詰めないとできないモノマネだと思います。一言で笑わせるワードセンスが他の女性芸人さんより優れていますね。

 

こちらも去年の夏に単独ライブを見に行きまして、細かすぎるモノマネもショートコーナーで披露していました。

長尺のネタもかなりの完成度で、お笑いとは思えない、一人芝居を見ているような感じだったのですが、一言で笑いをとるショートコーナーが秀逸でした。

まさに「細かすぎるモノマネ」ということで、納得の準優勝だと思います。

 

他にも3人の子供を育てるお母さんや、強引な結婚式の司会者などなど、ストックは無数にあるはず。

ネタ番組には欠かせない存在になると思います。

 

 

ここからはグチです

お笑い好きなのでライブもたくさん見に行きたいのですが、一人でいくの寂しい!

周りにお笑い好きな人いないんだもん!なにげにカップルできてるやつら多いんですよ、お笑いライブって。

男一人で見に行っているとなんか気恥ずかしい。なんとなくチケットを2枚取ってしまう自分も恥ずかしいです。

今年はSNSとか利用して、ライブ繋がりの輪も広げていきたい所存です。

 

シリアル電気 [DVD]

シリアル電気 [DVD]