読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えすぎるな 気楽に行こう

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

「25歳=ばばあ」という新しすぎる概念

最近、週末はもっぱら趣味である楽器の練習をしてまして。

いちおー楽団なんかに所属しておりますと、いろんな思想をもった人たちと触れ合うことになるわけです。

 

所属している人たちの年代が幅広くて、下だと現役大学生、上だと30代後半かな。

自分も30手前にして、現役女子大生と話す機会が多いという、人によってはうらやましがられるような、そんな楽団なんですが。

 

特に、刺激的な週末というわけでもない

現役大学生というと、だいたい8歳くらい下になります。弟でも妹でもけっこう離れてるくらいに思える差でしょうか。

総じて、「最近の若い子ってみんな器用だし頭いいな~」という印象を受けます。

 

所謂「ゆとり教育」の被害者たちなんでしょうけど、常識はずれな感じもないし、みんな丁寧。あんまり嫌な思いさせられたこともないような。

よっぽど会社の使えねえオッサンたちのほうがゆとってます。それはどうでもいいんですが。

 

 

 

でも1個ひっかかる。

20代前半(女子大生含む)たちの会話を聞いていて、1個ひっかかる。

 

 

「23歳になっちゃったよー>< あと2年もしたらばばあだww」

 

もちろん仲間内の会話なんですが。自分の耳にも届くわけで。

頭いい若者!というイメージだけに、なんとも歯がゆい気持ちになる。歯がゆい。

 

 

「するってーとなにかい!?29のあっしはもうジジイかい!?後期高齢者かい!?」

などと憤慨しているわけではありません。29だってまだまだ若いの知ってますから。

 

その25ばばあ説の会話に想像力の欠如を感じてとても歯がゆくなる。

 

「25歳=ばばあ」

なわけないことは彼女たちも知っているだろう。ほんとに仲間内での会話だし。

25歳がばばあだったら人類全体が超絶高齢化社会だっつーの。

 

 

そんな冗談を、

冗談と取れないうるさめのばばあが聞いて激怒したり、

繊細なばばあが聞いて心を痛めてしまったり、

そういう展開を想像できないのかな…と悲しくなって遠くを見つめてしまう。

 

 

若い頃特有で言いがちな冗談なんだけど、おおっぴらに言うのは問題なんじゃないかなって思ってしまう。

そういう意味では、彼女らは特に賢くもない若者たちということになるんだろうか。

 

 

彼女たちが社会人として会社に入り、お局様の前で

「25歳なんて若くないですよーwもうばばあですw」

なんてことを口走らないことを祈るばかりです。

 

まあ関係ないんだけども。