読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えすぎるな 気楽に行こう

30代既婚…編集職男子のブログです。ゲーム、お笑い、ラジオ、日々の雑感などを

犬を飼うって人間のエゴじゃないかと思った話だワン

犬さんやネコさんが苦手で、頭をなでることすらできません。

f:id:akamapi:20140916113430j:plain

 

被害妄想、自意識過剰なのかもしれませんが

犬や猫を代表とする動物が苦手=優しさや愛情に欠ける人

と思われているような気がしてならない。

 

 

自分は動物苦手です。

アレルギーもあってか、動物を飼うという経験がまったくない。

それどころか、野良犬に追いかけられたり、友達の飼い猫に背中をひっかかれたりしたため、「動物(人含む)=なにをしてくるか分からない得体の知れない存在」という定義が刷り込まれました。

 

動物が苦手な人はたくさんいると思うし、理由は人それぞれだと思います。

自分は「同じ人間同士でも完全に分かり合えないのに、別種の生物と心を通わせることができるものか」という理由で距離を置いています。

 

常識人ぶって笑顔で社会に溶け込んでいる殺人犯もいるし、家族のなかから犯罪者が出る可能性だってある。人の内面を把握することなんて無理です。

なのに、「このワンちゃんはゼッタイに噛まない♡」なんてことがどうして断言できるのか。

 

痛い思いもしたくないし、理性のない野性味溢れる動物が怖い…たとえ小型犬であっても…!!

 

 

愛犬家、愛猫家の存在に文句を言うつもりはないです。

犬や猫かわいいです。写真を見て癒される気持ちもわかります。

私自身が、動物を苦手としてるというだけの話です。

 

「犬や猫を飼う」という行為に、なにか引っかかるものを感じる

餌をあげて散歩して、家族の一員として一緒に遊んで。

飼い主に懐くことで行動は変わると思うけど、なにをもってして「人と犬が心を通わせてる」と言えるんだろう。

共通する言語もないのに。

犬は「定期的にご飯をくれる存在」くらいにしか思ってないかもしれない。

 

主人の言うことを聞いて餌をもらって年を重ねることが「犬らしく生きる」ということなのだろうか。

フリフリピンクのかわいい服を着たり、健気に芸をして駅前で注目を浴びることが「犬らしく生きる」ということなのだろうか。

動物を飼うという行為そのものが、人間のエゴではないかとたまに思う。

 

 

「動物に愛情を持てない=人としてなにか欠けている」なのかな?

なんだかんだ書きましたが、自分は「飼い犬との感動体験」や「猫の気まぐれさに癒される」みたいな経験がないので、こんなことをのたまってるだけに過ぎないのかもしれない。

 

愛犬家、愛猫家の方々の「そんなことない!!あんなかわいいウチの子をかわいいと思えないなんて冷酷な人間!!失せろ!!」と叫ぶ声が聞こえてきそうです。

 

被害妄想かな?しかし思う人は絶対いるでしょう。

リアルでも「動物苦手」と言うと、「お酒飲めないなんて人生損してる」でお馴染みの、「人生損してる的価値観」の押し付けをくらいます。

それどころか、熱心な愛犬家の方には「かわいいものを愛でることができない、感情欠落人間」的な扱いもたまにされます。

 

動物に接することができない、可愛がることができないのは感情が欠落しているせいなのでしょうか?

自分のコンプレックスがそう思わせるのでしょうか?

 

なんにせよ、価値観の押し付けはよくないですね。

動物を飼うことについて、考えすぎてみました。

 

 

 

子供の頃から犬と一緒に過ごすと優しくなるとかデータあるのかな?

命の尊さは学べるかもね。